読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gitリポジトリの仕込み方

最近のgitリポジトリの仕込み方のオレオレまとめ.

このソースコードはバージョン管理しとこうかなと思ったら,プロジェクトのディレクトリで,

$ git init

としてリポジトリをつくる.とりあえず,ここでコミットしまくる.初期化のらくちんさがgitの良いところの一つだと思う.

そのうち,このリポジトリを複数のマシンからアクセスしたくなる.(サーバ/クライアントなsvnっぽく使いたくなる.) そうなったら,おもむろにサーバ機で

$ git clone --bare /path/to/git/working /path/to/git/repos.git

としてbareリポジトリをつくる.bareリポジトリは,作業ファイルがない管理情報だけのgitリポジトリ.リポジトリにgit pushとかをしたい場合はbareリポジトリにする.bareじゃなくてもいけるっぽいけど,どうせそこでは作業しない(できない?)ので無駄になる.

あとは,クライアントから,

$ git clone ssh://git.server.net/path/to/git/repos.git repos
$ cd repos
$ # 作業 && コミット
$ git push # サーバに変更をマージ

とかして使う.

サーバ側をsvnにしたり,githubを使ったりもできるので,どうするか悩み中.とりあえず,個人的なリポジトリはこれで管理するかなぁ.